熱意は人を成長させる

自己流でも入門書さえあればプログラミングをマスター!

常に必要とされるプログラマーになるには

会社が求めるプログラマーは、時代の変化と共に変わっていきます。
それまで有効とされていた技術も、新しいプログラム言語や便利ツール、考え方等の出現によって急激に廃れていく場合もあります。
それにより、今までとは違う新しい技術を持った人材が必要とされています。
この需要に対応するためには、プログラマーとして常に新しい技術を身に付けていく心構えが必要であると言えるでしょう。
その新しい技術は、多くの場合が海外から生み出されます。
そのため、どんな時代にも必要とされる会社の需要を満たす人材になるためには、英語などの語学力が必要です。
語学力は新しい技術を覚えるためだけではなく、プログラム構築中の問題解決の糸口を探すためにも有効です。

日本でも、プログラムの構文についてのホームページやサイトは数多く存在します。
しかし、利用者の少ない言語であればあるほどその情報は減っていき、海外のホームページやサイト、書籍を参考にしなければならない状況が増えていきます。
長い間プログラマーとして仕事を続けるならば、そういった入手し難い情報を収集する能力が必要です。
そして語学力は、国際化に対応するためにも必要な物です。
キャリアアップし、システムエンジニアなども兼任する場合、クライアント次第では重要となる能力でもあります。
特に大きな会社の場合、海外のシステム開発を請け負う場合もあるでしょう。
その時に備え、時間の余裕があるならば積極的に勉強していく姿勢が必要です。

Comment

*